血漿分画製剤のいろいろ

血液製剤・血漿分画製剤・血液製剤が必要となる病気の種類などを学ぶことができます。

血漿分画製剤のいろいろ

アンチトロンビン製剤

アンチトロンビンⅢ製剤の開発

1950~60年代、血液中の抗凝固物質、アンチトロンビンの存在が明らかになり、その欠乏が血栓症と深く関わっていることも見出されました。一方、1940年代、アメリカで人の血漿をアルコールで処理することで工業的に血漿タンパク質を製剤化する技術も開発されました。最初にアルブミンが、次に免疫グロブリンが製剤化され、その後も医療に有用な血漿中のタンパク質を製剤化する研究が企業によって進められていました。アンチトロンビンは、1960年代の学問的研究成果を基礎として、1970年代中頃に製剤化研究が始まりました。製造的には、血漿をエタノール処理したアンチトロンビンを多く含む画分を用い、これをさらにクロマトグラフィーや硫酸アンモニウムなどで精製度を上げ、ウイルス不活化のための加熱処理をすることで、製剤化されました。

製造工程の概略

アンチトロンビンⅢ製剤は、1970年代から1980年代初めにかけてアンチトロンビンが減少して血栓症を起こしている人に対して、臨床試験が実施され、ドイツでは1981年、日本では1987年に承認されています。

【アンチトロンビンⅢ製剤ミニ開発史】

<新潟県立加茂病院 名誉院長 高橋 芳右先生 監修>

ページトップ